読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかゆにっき

考えたこと思ったこと不思議なことをまったりもだもだ

初めてのピアス

 こんにちは、おかゆです。
 本日、生まれて初めてピアスを開けたので、その感想とかを書いていこうと思います。

 ピアスを開けたいという欲求自体は、もう3年くらい前からありました(長い!)。が、私ものすごく痛いことが苦手で、人体に穴を開けるとかもう考えただけで血の気が失せるわーと先送りしまくり。興味はあるんだけど怖すぎて足踏みの永久運動を続けていました。
 しかし、つい先日地元に帰り、たまたま兄弟達と集まったとき、衝撃の事実に気付いたのです。

 私の兄弟、自分以外髪も染めてないしピアスも開いてない……!!

 正直気持ち悪い! 良い若い者が二人以上揃っていて茶髪もピアスもいないのって、想像するより不健全!
 あー停滞するのって良くないことだなーと噛み締めた私は、すぐにドン・キホーテでピアッサーを購入してきたのでした。

 さて、しかし躊躇しまくっていた年月の間に、情報だけはあちこちでちゃっかり仕入れていました。曰く、ピアッサーには二種類あり、自分の手で針を押して穴を開けるものと、バネの力でパチンッと開けるものの二種類があるとか。自分の手で針を押すとか怖すぎます。無理です。押せる気がしません。ここはバネのタイプのものを買うことにいたしましょう。と思ったのですが、バネのタイプのピアッサーがどういう名称で売られているのかわかりません。しかも私が行ったドンキのピアッサーコーナー、そもそも一種類のピアッサーしか置いていないようなのです。

……大丈夫かコレ?

 いやしかし、箱に「痛み軽減ピアッサー」「瞬間ピアッシング!」なんて書いてあるし、多分バネの奴でしょう。より便利なものが売り場に残った結果、自分の手で押すタイプは消えていった、ということなのだろうと思います。細針で痛み軽減、医療用ステンレスで金属アレルギーの方にも対応、特許取得済み。なんだか頼りがいのある文字がいっぱい! これで間違いないでしょう。
 そんな訳で左右にひとつずつ、計ふたつのピアッサーを購入。ひとつ934円で1868円也。ひとつで1200円くらいすると聞いていたのですが、ドン・キホーテさんの企業努力という奴でしょう。ふたつ買うとまとめ買い値引きで268円も値引きして頂きました。ありがたい!(ステマ)

 さて、帰宅後さっそく鏡の前に座り、どこにピアスを開けようか考え出したのですが、これが思った以上にめんどくs難しい!
 ネットに「マーカーで開けたい位置に印をつけると良い」とあったのでマイネーム片手に悩んだのですが、鏡で見ている自分の耳は斜めになっているので、自分で思っている位置とはかなりずれがあるのです。適当に打った印はどうしても左右非対称になってしまい、恰好良くありません。そこで携帯のカメラで真横から見た耳を撮影し、微調整を繰り返してなんとか納得のいく所に印を打つことに成功しました。
 さて、ついにピアッサー様の出番!! 消毒液とティッシュも準備し、若干の手の震えは武者震いと言い聞かせながら開封すると……

これ、手で押すタイプなんですけど。

 えっちょっと待って、手で押す奴なんだけど。え? あれぇ??
 挙動不審になりながら説明書を舐めるように読んでも、透明なビニールに包まれたプラスチック製のピアッサーの形状を見つめても、青いお空に浮かぶ真っ白な雲を眺めても、自分の手で、針を押して開けるタイプのピアッサーなんですけど?
 しかも! もう開封しちゃってるし!! イヤこれ衛生的に元から返品不可の奴かな?! 聞いてたより安かったのってバネのタイプのじゃなかったからかよぉーーーもぉーーーーorz
 かなりヘコみましたが、合わせて1868円。買わなかったことにできるような金額ではないし、人に開けてもらうのは(お医者さんは別にしても)むしろ恐怖を煽るだけな気がするし、えぇいもうしょうがねえ! これで開けてやるぅううう!!! (ヤケクソ)
 耳たぶを丁寧に消毒し、印の位置を確かめ、ピアッサーを設置。中途半端に刺さって止まるとか怖すぎるし、ここは一思いに____ごめん、ちょっと待って

 やっぱ怖い! 自分で針刺すとか怖い! だって刺さってない段階でチクッてするんだもん!! これ針だなってわかっちゃうんだもん!!
 と、そういえばピアスを開ける前に耳を保冷剤で冷やすと良いと聞いたことを思い出しました。友人が「開ける瞬間はともかく、開けた後は逆にジンジンしてきそうじゃない?」とか怖いことを言っていたのでする気はなかったんですが、この際開けた後のことなんかかまってられません。本当はタオルに包んだ方が良いんでしょうが、決意が鈍らないうちに冷やしたい! と直接保冷剤で冷却。おお冷たい! 感覚なくなってきた! 良し、行ける!!

ガチッブチブチッカチン……

 __あれ? あんまり、痛くない?
 未知の痛みに怯えすぎだったのか、保冷剤が良い仕事したのか、脳内麻薬でも出てたのか、体感としては思ってたより痛くありませんでした。それより耳たぶを貫通したときの衝撃?なのか、ぶちぶち何かが切れるような音とか、指に残るざらついた感触とかの方が気になった気がします。
 ともかく! ひとつめのピアス、貫通成功!
 しかし、あんなに吟味して決めた印を完全に無視して開けてしまったようです。どうやら恐怖のあまりピアッサーを不必要に握りしめてしまい、針がセットした位置からずれてしまったらしいのです。でもまあ、運良くそう不自然な位置に開いた訳でもありませんし、瑣末なことにすぎません。私が自力のピアッシングに成功した、その事実だけがあれば良いのです。もう片方の位置を、今開いているピアスの位置に合わせて開ければ万事解決。これで私も新たなる一歩を踏み出すことでしょう。ピアス、怖るるに足らず! 調子に乗ってもう片方のピアスもバチーンッと……あれっなんかさっきより痛い!?
 
 そう、私は耳たぶを冷やしてからピアッサーを使ったのですから、冷やさずに開ければさっきよりは痛いに決まっています。それでも物凄く痛いという訳ではなかったのですが、完全に怖気づいた私の手はピアッサーを最後まで押し込まぬまま力を抜いてしまい。

ふたつめのピアッシング、失敗。

 しかも中途半端に刺さった針を抜いてみると、明らかに左右の位置がずれています。開けられていたとしても失敗だったという二重の失敗! 浮かれた分恥ずかしさも二倍です。
 そんな訳で、半分成功半分強失敗という微妙な結果に終わりました。刺せなかった方の穴は後日お医者さんに開けてもらおうと心に決めつつ。とりあえず、新たな半歩を踏み出したのでした。